スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDで買える Jellybean Remix (80年代編 その2)

CDで買える Jellybean Remix (80年代編 その1) は こちら


Funhouse でのDJ、WKTUでのミックスショウ、そしてリミックスワーク と、多忙を極める83年以降のJellybean。
人気ゆえに、元々がダンスミュージックではない、そもそも16ビートではない曲のリミックス依頼もあり、中には「これ、どうなのかな?」って思うリミックスもありました(笑)
Irene Cara - Why Meとか。


それでは、今回も淡々と紹介していこうと思います。





Irene Cara - Flashdance ... What A Feeling (Remix) (1983)

早速 Irene Caraが出てきました。
日本でもおなじみの曲ですね。12インチは日本盤も発売されています。
リミックスは、間奏にリズムマシーンを足したり、ギターパートを加えたりと、Jellybean節が炸裂していますが、歌の部分はエフェクトをかけるぐらいで、そこは少し物足りないかなと。




有名な曲なので、80sの12インチヴァージョンを集めたコンピレーションに入っています。
そしてWhy Meのリミックスも収録されたIrene CaraのアルバムのUnidisc盤CDにもこのヴァージョンが収録されています。



同じフラッシュダンスのサウンドトラックに収録されたこちらの曲も、上のコンピレーションに収録されています。





Michael Sembello ‎– Maniac (Long Version) (1983)

コントバラエティ番組でロバート秋山が使ってましたね、これ。
この12インチも日本盤あり。

マイケル・センベロのソロデビューアルバムのCD化の際にはこの12インチヴァージョンは収録されませんでした。
それどころか、あのアルバムはAORのレアCDとして知られています(アナログは探せば100円で買えます)。
フラッシュダンスの再発盤にボートラとして入れればいいのに。









Daryl Hall & John Oates ‎– Say It Isn't So (Special Extended Dance Mix) (1983)

ホール&オーツのこの12インチは日本盤も出たので、中古市場でもよく見かけますね。
ベストアルバム "Rock 'n Soul Part 1" からの1枚目のシングルカットがこれでした。





日本盤オンリーの12インチ集です。
素晴らしいですね!!







Daryl Hall & John Oates ‎– Adult Education (Special Club Mix) (1984)

こちらは同じベスト盤から翌年にシングルカットされています。
これも日本盤の12インチが出ましたね。
曲はこちらの方が良いと思いますが、チャート的には前者の勝ち。
この後、Out Of Touchで (現時点での最後の)1位を獲得します。





上のCDの続編。
外人に売りつけましょう(笑)










Pointer Sisters - Automatic (12" Special Remix) (1984)

当時「声が低いな〜」と思いながら聞いていたのを思い出します。
でも、アルバムで一番好きだったのはこれですね。今でもそれは変わりません。
このリミックスも最高ですね。「ここがこうで〜」みたいな説明が一切必要がない、素晴らしい出来だと思います。

アルバム "Breakout" は、83年のオリジナルと84年に1曲追加(とヴァージョ差し替え)して出したセカンドイシューの2種類あり、その両方とボーナストラックを収録したDeluxe EditionのCDもリリースされています。






前述の説明の通り 曲がダブるので、それをオミットして後発のAutomaticのRichie Rich Remixを入れたらよかったのに と思いました。








前回紹介したPlanet Rockの作者 / プロデューサーとしてクレジットされているArthur Bakerと 彼の右腕のJohn Robie。
少し前後しますが、Arthur Baker 〜 John Robie物をまとめて。





Rockers Revenge Featuring Donnie Calvin ‎– Walking On Sunshine '82 (1982)

ご存知Eddy Grantのカヴァーです。
Arthur Baker のレーベル Streetwise からリリースされました。
エレクトロでダビー。






Freeez - I.O.U. (1983)

ブリットファンクのバンドだったフリーズが、アーサー・ベイカー(とジョン・ロビー)との出会いによって音楽性が変化します。
この曲は結果的に(Shannonと同時期に)Latin Freestyleの夜明けを告げる曲として重要な意味を持つことになります。








New Order - Confusion (1983)

アーサー・ベイカーが手がけたニュー・オーダーのこのシングルは、アメリカではStreetwiseからのリリース。
途中のエディットはもしかしたらJellybeanなのでは。





以上 3曲のミックスをArthur Bakerと共にJellybeanが担当。




Streetwiseの作品をまとめた便利なコンピがあります。








Quadrant Six - Body Mechanic (1982)

こちらはJohn Robieと、ヴォーカリストのKenny Simmonsのユニットの最初のシングルです。
Breaker's Revenge などと並ぶオールドスクールエレクトロの名曲として知られるこの曲の(少々不器用な)エディットはJellybeanでした。






なんと、コンピに入っています!









Paul McCartney And Michael Jackson ‎– Say Say Say (Special Version) (1983)

マイケルの人気絶頂期( "Thriller"からのシングルが全てヒットしている時期)に、ポールとのデュエット曲がリリースされました。
マイケルとポールとの関わりとしては、"Thriller"の最初のシングル(先行シングル)がポールとのThe Girl Is Mine、その前のアルバム "Off The Wall" ではポール(Wings) のGirlfriend(UKではシングルカットされています)をカヴァーしています。

このJellybeanのリミックスは、さすがにビッグネームだからか やっつけ仕事ではなく、パーカッションの足し方からもわかるようにフロア仕様にしています。
これがアメリカのクラブでかかっていたかどうかは、全然わかりませんが(笑)





俺もこのコンピ欲しいです。
現時点でアマゾンでこれを売っている業者、ちょっと不安ですので、別のところで買った方がよいでしょう。








マイケル とくれば マドンナ となるのは当然で (おじさんなもんで)。




Madonna - Burning Up (12" Version) (1983)






Madonna - Physical Attraction (1983)






Madonna - Lucky Star (New Mix) (1983)




Jellybean は当時の恋人であったマドンナのデビューアルバムの収録曲をリミックスし、1曲 (Holiday) をプロデュースします。
このアルバム、収録ヴァージョンがメディアによって変更されており、Burning Upは当初のシンセポップアレンジから イントロにPaul Pescoのギターが入るポップロックアレンジになったヴァージョンに差し替え(セカンドイシュー以降のLPと、全てのCD ※ただし、ヨーロッパで出たジャケとタイトル違い "The First Album" のLPはオリジナルヴァージョンで収録)、EverybodyはUS 12" Versionに差し替え(リマスター/ボートラが収録された再発以降のCD)、HolidayがImmaculate Collection収録のリミックスに差し替えられています(これは配信とストリーミング)。

少しややこしいですが、手軽にオリジナルの形で聞きたいのであれば、日本盤のアナログを買えばよいと思います。安いですし。


Lucky Star はアルバムヴァージョンもJellybeanの手が加えられており、このアルバムがダンスフロアでウケた大きな要因の一つは彼のリミックスワークだったと考えられます。





聞いたことがない人は、とりあえず一度聞いてみては。
Spotifyでも聞けますよ。



madonnajellybean.jpg

良い写真ですね!!



そして忘れてはならないのがこれ。



Madonna - Borderline (New Mix) (1984)

ファーストアルバムからの最後のシングルがこの曲でした。
US盤12インチ(7インチも)を見ると、プロデューサーのところにもJellybeanの名前がクレジットされています。
アディショナルプロダクションの仕事が認められたのでしょうが、ヨーロッパ盤のLucky Starの12インチにリミクサーとしてクレジットされなかったことから、少なからず揉めたのではと考えられます。



日本ではワーナーパイオニアが独自で編集盤を発売していました。




こちらに、Holidayのアルバムヴァージョンと、Lucky Star と Borderline そして Like A Virgin のJellybean Remixが入っています。
よく考えればJellybean三昧なEPです。
そういや、2016年のRECORD STORE DAYで、これのカラーヴァイナルがRHINOから出ましたね。




前後しますが、セカンドアルバム "Like A Virgin" からのシングルのいくつかもJellybeanがリミックスしています。




Madonna ‎– Like A Virgin (Extended Dance Remix) (1984)

もう全然好きじゃないですけど、貼りました(笑)

上の編集盤の他、リマスター以降の "Like A Virgin" のCDのボーナストラックとしても収録されています。




このCD、今はボーナストラックとしてもう1曲入っています。





Madonna - Material Girl (Extended Dance Remix) (1984)

これ、元のチャラチャラしたイメージがだいぶ消えていて、今聞くとかっこいいんですよね。

こちらにも収録されていました。





この日本編集盤、今は廃盤です。
Jellybeanが関わっていない Angel の Dance MixはこれでしかCD化されていないので、また再発すればいいのに。
Into The Grooveのオリジナルヴァージョンも、ベスト盤 "Celebration"(2009) に収録されるまでは、この編集盤か、"Like A Virgin" の80年代に出たヨーロッパ盤レイターイシューに追加収録された物ぐらいしか聞けませんでした。

この日本編集盤プラス Holiday が入った南米オンリーのEP "Dance Mix" が、今年のRECORD STORE DAYで再発されました。




Angel / Into The Groove の次にシングルになったのがこれ。





Madonna ‎– Dress You Up (12" Formal Mix) (1985)

PVはライヴを流用したものでした。
本田美奈子がこの時代のマドンナに影響を受けていたのは有名ですね。





この日本編集盤、ファーストから漏れたAin't No Big Deal(ちなみにこの曲の初出は1983年のBarracudaのEpic盤12インチ)が収録されています。




マドンナといえば、Jellybeanがプロデュースした85年のこれが未CD化。



Madonna - Gambler (Extended Dance Mix) (1985)

映画 Vision Quest のサウンドトラック(Geffen)からのシングル(もう1曲 Crazy For You もカットされています)。普通のヴァージョンはワーナーからの日本編集盤にも入っていました。このヴァージョン、大好きなのに。。。





とりあえず、マドンナまでは来ました(笑)
このシリーズ、まだ続きます。マテリアル・ガールの作者のこととか書いていないし。先は長い。

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

Mura-T a.k.a. Mulatino

Author:Mura-T a.k.a. Mulatino
薄っぺらいおっさんです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
10秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
Flashリバーシ
by Orfeon
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。