ラジオでのマスターミックスを集めている人

日本には数人コレクターがいて、某コレクターの音源が何故か僕のところに回ってきたり、その逆もあったりします。
当時エアチェックをしていた人はおそらく日本に何万人もいるはずなので、その人達も探せばどこかからテープが出てきたりするでしょうし、それが粗大ごみで捨てられたり、フリマに流れたり、いろんな末路があると思います。

アメリカでは新聞広告に「テープ持ってる?買うよ!」って出すコレクターもいるんですよ。
日本でもやれば集まりそうですね。
でも、中身の販売は違法で、あくまで中古カセットテープとしての.....もういいですね、そんな説明(笑)

本当は、制作やってた人に同録もらうのが一番賢いんです。


さて、アメリカやイギリス、日本だけでなく、オランダでもそういう文化が根付いているという話は以前にもしたんですが、そもそもBen Liebrand が83年に放送業界に入って仕事をしなければ、オランダはラジオショウやマスターミキサーの育成などに力を入れることはなかったでしょう。
Ben Liebrandの話は、また機会があれば特集っぽく書こうとは思っています。

今日は、誰が作ったかわからない(笑) 86年のマスターミックスを。

こちら

※公開終了













Freestyle 最初のヒットの日本盤は

Latin Freestyle 最初の曲ではありませんが、最初のヒット曲といえば、Shannon - Let The Music Play です。
印南さんもトンカカ認定していたアレです。

shannon_let.jpg

契約上、日本ではポリドールからリリースされていました。

このシングルのライナーノーツは、後のThe JG's~Switch-Backの鈴木昇治 (しょう治) さん。
現在でも現役でラジオのDJなどをこなしている方です。
当時はJulieさんですね、DJネーム。

ライナーには

昨年の12月にN.Yの知人から1本のカセット・テープが送られてきた。
テープの内容はN.Yで最もレイティングの高いKISS FM局の90分にわたるスペシャル番組で、驚くことにCMは全く入らず、全て絶妙なスクラッチ・ミックスで構成された御気嫌なダンス・ミュージックが流れてくる。
そして何度も繰り返してそのテープをきくと、思わぬことに気づく。
それは、90分にわたって収録されている数々のダンス・ミュージックが、シャノンの「レット・ザ・ミュージック・プレイ」を中心に選曲されているからである。
つまり、この曲の持っている隠された魅力がD.J(ミキサー)によってメッセージされているのである。


※以下略

(誤記はそのまま、改行はこちらで行いました)

と、WRKSのMastermix Dance Partyらしき番組に触れている箇所があり、大げさに言えば この新しいスタイルの音楽を中心にマスターミックスが行われていたというのです。

この時点で、もちろんFreestyleやLatin Hip Hopという言葉は無く、ここではエレクトリック・ファンクと紹介されています。





1年後には同じポリドールから Nolan Thomas - Yo, Little Brother の日本盤がリリースされています。


nolanthomas_yo.jpg

ライナーは吉岡正晴さん。
この方も現役のライターです。

彼はここで、例ののりのいいダンサブルなシンセサイザー・ポップ・サウンド と紹介していて、まだそれ以上の表現は出ていません。









Lalah Hathaway



ダンスブーム時にめちゃくちゃ流行りましたね。
BPMが遅いので、技をいっぱい入れることが出来るんですよね。
曲的に言うと、Quiet Stormと90's R&Bの架け橋 って感じかな?

90年の来日時の神戸のフライヤーがありました。





↓ ↓ ↓






lalahhathaway.jpg

やっぱり手書き!!




これ、行かなかったんですが、招待出まくりだった記憶があります(笑)


※前回の手書きのエントリーはこちら

プロフィール

Mura-T a.k.a. Mulatino

Author:Mura-T a.k.a. Mulatino
薄っぺらいおっさんです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
10秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
Flashリバーシ
by Orfeon
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: