スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Motownの未CD化のブラコン〜ポストディスコ

常々言っているんですが、これどうにかならないですかね?






bunnydebarge.jpg


兄弟グループ DeBarge の女性メンバー、Bunny DeBargeの唯一のソロ、日本でもアナログでリリースされました。
現時点でアルバムのCD化はされていません(ただし、DeBargeのベスト盤に2曲収録されています)。





こちらはそのベスト盤のリイシュー









同じDeBargeファミリーからはChico DeBargeの86年のファーストと87年のセカンドが未CD化。


cdebarge1.jpg



この曲は先のDeBargeのベスト盤に収録されています。



87年のセカンドは、同じくMotown所属になったBrownmark (Prince & The Revolution) が3曲プロデュースしています。

cdebarge2.jpg



ミネアポリスファンクとChicoの相性は悪くないと思います。
売れませんでしたが。






Vanity が亡くなった時のツイート





vanityalbum1.jpg



84年のファーストにはMorris Dayがヴォーカルでフィーチュアされた曲が収録されています。



vanityalbum2.jpg




86年のセカンドには Vanity 6 - Nasty Girl を意識した曲が収録されていますが、代表曲 Under The Influence だけは リミックスがコンピレーションで購入可能です。




John Morales (M+M) のリミックスはどれもクオリティが高く、ほぼ全てがクラシックと言ってもよいでしょう。






モータウン創業者のBerry Gordy Jr. の息子 Rockwell の3枚のアルバムのうち、マイケル・ジャクソンが参加したSomebody's Watching Me は韓国と日本でCD化されていますが(音がめちゃめちゃ悪いのでガッカリしました)、85年の Captured...By An Evil Mind と86年の The Genieが未CD化。




これ、もう廃盤になってるんですね。

そしてセカンドはスルーして、サードを。

rockwell3.jpg



ミネアポリスサウンドを意識した曲が入っています。
この時代は猫も杓子もこんな感じでしたね。
いや、大好きなんですけど笑






87年のGeorgioのデビューアルバムは当時一度CD化されていますが、シングル4曲が12インチヴァージョンに変えられた オリジナルではない形のCDで、しかもレア化しているので、ここではあえて紹介します。

georgio.jpg





この人はPrinceのPaisley Parkとの契約寸前でそれを断ります。
マルチプレイヤーとしての自分と、単にジョルジオのシンガーとしての才能を買ったPrinceとの考え方の違いだと言われています。
このデビューアルバムからのシングルはどれもブラコン路線としてかっこよく、それぞれのリミックス(Bruce ForestやDavid Moralesを起用)もヒットしました。






さて、ミネアポリスから離れましょう。

Commodores のメンバーだった Thomas McClary の84年のソロ作も未CD化。

tmcclary.jpg



この辺も日本ではアナログが出ていたんですよね。












Smith Connection 〜 Lovesmith (LovesmithもMotown) の Michael Lovesmith のMotownの3作のうち、85年のサードはよくわからないレーベルからCDが出ていますが、83年のファーストと84年のセカンドは未CD化。





mlovesmith1.jpg



83年のファーストに入っているミッドファンク。



mlovesmith2.jpg



こちらはセカンドに入っているPost-Disco。




ついでに書くと、小比類巻かほるが「ダンシング・ルーレット」としてカヴァーした I'm Good At It は85年のサードに収録されています。
















85年の Maureen Steele の唯一のアルバムも当然CD化されていません。

maureensteele.jpg



Post-Discoとしてはすごく良い曲だと思います。
謎のシンガーですし、サウンド的に再評価されることは無いと思います。








1985年の Lushus Daim & The Pretty Vain ‎の唯一のアルバムも、忘れてはいけません。

ldaim.jpg



アルバム More Than You Can Handle は中古レコード屋で見ることも多いのですが、手に取ることはないでしょう。
mid 80's Motown の踏み絵的アルバムです。
これが気に入れば、たいがいのこの時代のブラコン〜ポストディスコはいけます笑


まだまだCarrie McDowellとかDarryl DuncanとかAngela Coleとかあるけど、今日はこの辺で。
スポンサーサイト

CDで手に入るラッキーラテンフリースタイル その5

毎日ツイートしている「本日のラッキーラテンフリースタイル」の中から、CDで買えるものを紹介していきます。


CDで手に入るラッキーラテンフリースタイル その1

CDで手に入るラッキーラテンフリースタイル その2

CDで手に入るラッキーラテンフリースタイル その3

CDで手に入るラッキーラテンフリースタイル その4









なんと、これが入ったCDが今でも買えるとは。





以前紹介していたような、していなかったようなカナダ盤コンピレーション。
これ、本当に良いフリースタイルコンピなので、ぜひ。


現在の彼女は、こちらで。









特に説明はいらないと思います。






アルバムを買うのが一番かと。
昔、近くのBOOK OFFでこれを見つけて、「こんなん、誰が買ったんや。。。」と思いながら手に取ったのを覚えています。
フリースタイルのCD、それもアルバム。
思ってたんと違う って言いながら処分したんでしょうか?










これはよくTodd Terry の作品集に入っています。
日本でもTodd Terry Project を出していたアルファレコードからコンピレーションが出ていました。





なかなか中古屋で見ませんが、普通にアマゾンで買えますね。









元ネタは、こちら

これは、Debbie Harry と Blondie のリミックス集に収録されていますね(ヴァージョンの表記が違います)。





この編集盤には Teddy Riley 作の Rapture とか、Shep Pettibone 作の Heart Of Glass とかも聞けますが、UK盤にRapture が入っていなかったりしますので、そこは調べてUS盤か日本盤を買うようにしましょう。










さすがに12インチのヴァージョンも、Omar Santana の DubもCDでは買えません。
ここは我慢して、Radio Editが入ったこのコンピを。





出た、1円!
俺も買おうかな。









埋め込みにすると見えないのですよね。

RTしたツイートはこちら




想い出の曲です。
藤原ヒロシさんクラシックでもあります。






Tululah Moon も入ったこれが無難ですかね。










こういうサウンドですが、基本的にはフリースタイルのアーティスト。
Atlanticから出たアルバムは、日本盤もリリースされました。





一時期、100円ワゴンとかで腐るほどありましたが、最近はどうなんでしょう?










この人もStevie B 同様、容姿を隠された日本盤のジャケットが、一部で話題になりました(同じ東芝EMI)。





ちなみに、元はこれ。





日本ではバラードをセールスポイントとしてStevie B と Timmy T のアルバムを出しました。

買ってびっくりしたでしょうね、フリースタイルで。。。











なりたい苗字No.1 の ハードキャッスルさん、この曲もかっこいいですね。





この曲が聴きたいなら、安い編集盤で十分でしょう。











このアーティストは、他の曲はフリースタイルではありません。





このFresh Records の3枚組コンピレーションが決定版だと思います。










C+CはもっとMichelle Visageを起用すべきでした。
Seduction も これも、すごく良かったのに。





めちゃめちゃ売れたので 見るのも嫌なサントラかもしれませんが、一応。











これをフリースタイルと呼んでいいのか と思われる方も多いかと。
でも、グループの成り立ちと、レコーディングに関わった人を見て、これがフリースタイルじゃなくて何がフリースタイルなんだ? と逆に聞き返したくなります。






日本盤のリイシューに、Really Into You の12インチヴァージョンが収録されています。
この12インチ、日本が一番売っているんです。
アメリカでは、ほとんどヒットしませんでした。
ちなみに、途中でラップしている人はこの曲のプロデューサーで、あのSafireの二番目の旦那さんです。











角松敏生ワークスの一つ。
スタジオ録音で聞ける頭の掛け声は、ジャドーズです。
こういうのをブギーとか言う人もいますが、耳が腐ってんのかなと思います。






ここは、シングルヴァージョンが入ったベスト盤を。










これ、カナダ盤のベストに収録されていました!





I'll Do Anything For You や Happy Feeling といったヒット曲ももちろん入ったこれ、俺も欲しい!











これも、R&Bにカテゴライズされがちですが、まあフリースタイルですね。
どっちかというと、Lisette自身はあまり好きじゃない様子です。
ちなみに、プロデュースはさっきのReally Into Youと同じ、Kenny Diaz。






Greg Nice (Nyce) はヒスパニックコネクションでの客演が非常に多い人ですね。

このアルバム、日本で異常に売れたので、本国のFever Recordsが数字を間違えたのかと思って、何度も日本に問い合わせをしたとか。










前も紹介したTina B.。






95年盤はCD、2001年盤はCDRです。
お気をつけください。











フリースタイル系バラードの名曲ですね。






ここはポップ系コンピを。
このBillboardのチャート物は安く買えますね。






ということで、冬はここまで。
次回から春に突入します。

CDで手に入るラッキーラテンフリースタイル その4

CDで手に入るラッキーラテンフリースタイル その1

CDで手に入るラッキーラテンフリースタイル その2

CDで手に入るラッキーラテンフリースタイル その3



誰も興味がないラッキーラテンフリースタイル、まだ当分続きます。







& More というグループのメンバーでもあったOlga。
この曲、いつもはイントロしかかけません(笑)





これ、リイシューっぽいですね。
たぶんCDRです。








マルティカはこの正式なデビュー前にSONYのCMで「ウィーアーミュージック〜♪」って歌っていた人。日本で7インチと12インチが出ています。






デビューアルバム Martika の Expanded Edition にこのリミックスが収録されています。
ジャケットは当時のヨーロッパ仕様のものをそのまま使っていますね。








これ、アルバムにひっそり入っている曲で、Shep Pettiboneがミックスを担当しています。






これもExpanded Edition が出ています。特にこの曲に関しては必要がありませんので、安く入手したい場合は当時のCDを。














一発屋です。
この曲でメジャーに拾われてアルバムを出すも、アルバムはヒットしませんでした。
discogs未掲載ですが、当時ヴァージョンを入れ替えた形でCDで出ているはずです。






このAtlanticのヴァージョン、CDはこれぐらいでしょうか。

このコンピは何かと使える曲がたくさん入っているので、オススメです。











What You See Is What You Get のシングルのB面曲でもあります。







当時、MCAがワーナーパイオニアから出されていた時代のCDは安く買えるでしょう。
この後、MCAビクターから再発され、そちらには2曲のボートラが入っております。



Brenda K. Starr といえば、先日こういうことがありました。






泣けます。
正直、J-Lo ではなく Brendaがあの位置にいてもおかしくないのです。
Mariah Carey のスターへのきっかけを作ったのもBrenda。










映画 Twins のサウンドトラック収録曲のリミックス。
なんと、当時日本で出ていたブラコン〜ディスコのコンピに収録されていました。
たぶん、これ以外では入手出来ないと思います。






CDで手に入れるのが難しい曲が数曲入っています。
これ、教えたくなかった(笑)









PVを貼りましたので、ここではアルバムを。





当時、日本でもリリースされました。
誰が買ったんでしょうか?










12インチのBlaster Mixが一番かっこいいです。





Ben Liebrand コンパイルの4枚組に収録されています。










このヴァージョンはなかなかCDで手に入らなくて、デビューアルバムのリイシューの時にようやく簡単に手に入るようになりました。
しかし、現在廃盤。





デビューアルバム自体、CDは西ドイツ盤しかなくて(最初のプレスは日本、レイターイシューは西ドイツ)、長年レア盤として有名でした。
せっかくのリイシュー、商品復活したらいいのに。









これ、数年前に教えてもらいました。






どこでも安価で買えます。










Samurai Mix が入っているCDを探していたら、大型輸入CDショップで安く売られているコンピを見つけました。






こういう安価なコンピ、侮れないですね。








これ、CDは短冊オンリーです。






ヤフオクとかでもう少し安く買えます。










これはアルバムで。





このアルバム、他の曲はそんなに好きじゃないです.........










Controlリリースから30年が経過しました。
このシングルヴァージョン、確かベスト盤に入っていなかったはずなので、元になった12インチのヴァージョンが入ったものを。





各国で似たような企画物がリリースされました。
一番後発のヨーロッパ盤にThe Pleasure Principle (Shep Pettibone Mix) が収録されています。
15年ほど前に一度だけこの体裁で日本でもリリースされています。








これもアルバムのExpanded Editionに収録されています。





アルバム収録曲のヴァージョン違いがいっぱい入っていて、お腹いっぱいになります!




というわけで今回はここまで。


プロフィール

Mura-T a.k.a. Mulatino

Author:Mura-T a.k.a. Mulatino
薄っぺらいおっさんです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
10秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
Flashリバーシ
by Orfeon
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。